診療科目

血液浄化療法

血液浄化療法とは

体内で蓄積している老廃物は様々な疾患の原因となることが知られています。それらの老廃物を、血液濾過装置を用いて分離・除去し、病気の予防に役立てる目的で行う治療法です。自動血液濾過装置を用いて血液をいったん体外に出し、濾過膜で老廃物をとり除いた後再び体内に戻します。血液浄化療法は保険適応治療としても様々な疾患を対象に古くから行われています。しかし特殊な装置を用いた治療であるため一部の施設でしか行えない治療でもあります。

血液浄化療法治療イメージ

「血液浄化の対象となる方」
高脂血症の方で、標準治療による効果が充分でない方。
事前にカウンセリング・血液検査を受けていただき、治療の適応があると判断された上で、治療の内容や効果に関して十分納得され同意をいただける方。
「血液浄化療法により期待できる効果」
血中脂質値の改善・動脈硬化や生活習慣病の予防と炎症物質などの老廃物の除去も期待できます。
「治療の実際」
専門の臨床工学士と医療スタッフが治療に当たります。血液を血球成分と血漿成分に分離し、老廃物を含んだ血漿成分を濾過膜に通し浄化した後、再び血球とともに体内に戻します。
治療に要する時間はおよそ4時間ほどです。
血液検査にてデータの改善を確認し、治療の効果をフォローしていきます。
↑
ご予約はこちら

月~土 10:00~19:00
完全予約制  休診:日、祝日