診療科目

HARG療法

HARG療法について

HARG療法とは

日本医療毛髪再生研究会にて推薦されている、発毛・育毛を目的とした頭髪再生のための治療法です。2006年より世界で検証され、我が国では2008年より行われています。薄毛(AGA含む)とは、加齢やストレス、遺伝など様々な原因で毛母細胞の働きが低下することに
よって起こってくる症状です。HARG療法は脂肪由来幹細胞が産生するサイトカインの作用により、細胞を活性化し、発毛・育毛へと導くものです。そのため、年齢・性別問わず行われています。

(HARG療法の対象となる疾病や症状)
 髪が細くなる、ハリやコシがない
 加齢による薄毛
 びまん性脱毛症
 男性型脱毛症(AGA)
 女性の薄毛

(HARG療法の効能)
 脂肪由来幹細胞からのAAPE (Advanced Adipose-derived stem cell Protein Extracts) にビタミンなどを加えたHARGカクテルを
 頭皮に注入し、毛周期を正常化することで発毛・育毛を促します。AAPEに含まれる成長因子の作用が毛包を刺激し、発毛・育毛へと
 導きます。

(HARG療法の方法)
 月に1度、計6回行います。施術に際し、痛みの軽減のための神経ブロック麻酔を行います。
 麻酔注射の前には表面麻酔を行い、さらに頭皮の冷却を行いつつ極細の針を使用し施術しますので、痛みの負担は軽減されます。

(HARG療法の補助療法)
 AGA治療薬の内服や頭皮への塗布を並行して行うことでさらにHARG療法の効果を得ることが期待できます。
 女性のためのサプリや頭皮用ローションもご用意しています。詳細については医師にご相談ください。

↑
ご予約はこちら

月~土 10:00~19:00
完全予約制  休診:日、祝日